初めて参加する方へ

練習会は、走力別にグループを分けて、トレーニング量やペースを調整しております。

トレーニング内容は、主に「スタミナ系トレーニング」競技場で行う「スピード系トレーニング」の2つに分けられます。

スタミナ系トレーニングは、マラソンのペースよりもゆっくりしたペースで着実にスタミナ養成をする内容です。
スピード系トレーニングは、安全な陸上競技場でのびのびと、大きな筋肉を使って気持ちよくスピードを出す内容です。

以下、参考として、スピード系トレーニングのイメージをお伝えいたします。

■トレーニング全体流れ
1.まずはウォーミングアップを40~50分かけて実施します。
 ①ジョギング3km前後(1km7分くらいのペース)
 ②体操&ストレッチ
 ③動き作り
 ④流し(余裕を持って行う80mくらいのダッシュ)4~6本

2.メイントレーニングは、休憩を含んで60~80分かけて実施します。
 ・インターバル走
 ・タイムトライアル  など

3.最後にクールダウンを20~30分かけて実施します。
 ①ジョギング3km前後
 ②体操&ストレッチ

<メイントレーニングについて>
 メイントレーニングは、当日に発表します。気象条件やペースメーカーの人数、参加者の人数などから最適な内容に調整しています。
 メイントレーニングは、参加者一律ではなく、走力別に調整されます。ゆっくりグループの走行距離は、速いグループの6~8割になるようにメニューを作成しています。

  <速いグループのトレーニング例
   ・1500M×4本

   ・4000m+400m×5本
   ・15分間走×2セット+1000M
   ・800m×5本+500m×3本

   ・400m×5本+10分間走+1000m

 ゆっくりグループ&真ん中グループの様子真ん中グループ&やや速いグループの様子速いグループの様子


 グループに関係なく、共通するのが、終わった後の充実感!