トレーニングを点から線へ。効率的な強化のためには、栄養と休養は必須です。
アミノバイタル史上最高のリカバー「アミノバイタル ゴールド」

Vol.1516 秋マラソンに向けた10月の山場

Vol.1516 17/10/05

こんにちは!
夜走り出すときに、肌寒さを感じるようになってきました。いよいよ秋のマラソンが迫ってきたような気持ちになります。私の怪我はまだ治っていませんが、じっくりとジョギングを行ったり、フォーム改善を継続したり、補強を継続したりと今できることを行っています。

この三連休で皆さんには是非とも充実したトレーニングを行っていただき、秋マラソンの成功率を高めていただきたいと思っています!
家族サービスであったり、旅行であったり忙しくされるかなと思いますがうまくランニングを織り交ぜていただければと思います。ランニング三昧というかたは、バランスの良いトレーニングを計画いただきたいと思います。

「11月下旬のマラソンで勝負!」という方が多いです。
マラソンまでの大きな流れを考えます。仕事の都合で三連休にならないもいらっしゃるとは思いますが、目安としていただければと思います。

・スタミナトレーニングは必須。但し、レースを使うと成功率は低下する。
・スピードトレーニングを継続して実施することは成功率を高める

この時期に優先するのは、間違いなく「スタミナトレーニング」ですが「スピードトレーニング」も必要です。故に「スタミナトレーニング」を軸に計画をしていきます。

(1回目)10月7~9日の3日間の走行距離を確保してのスタミナトレーニング
(2回目)その2週間後(10月21日)に、30~40km走を余裕をもって実施する
(3回目)更にその2週間後に、11月3~5日の3日間でスタミナトレーニング

上記3回の「スタミナトレーニング」の間や1回目、3回目の連休に「スピードトレーニング」を組み込みます。

1回目が今週末ですので、少し内容に踏み込みます。初日に強めに「スピードトレーニング」を実施します。残りの二日間は、ペースは気にせずにじっくりと脚作りに専念します。一生懸命走るのは初日だけで、あとの二日間は楽しく長く走っていただきたいです。

10月の山場はこの連休です。ここで脚作りができると、10月21日の距離走にもゆとりを持って臨むことができ、ゆとりをもったまま走り終えることができます。
そして、翌週以降にも良い流れが続いていきます!

過去の自分を超えるには、過去の自分よりも努力や工夫をする必要があります。
効率的に走力を上げることができるように練習会を組んでおりますが、走るということは必要です!秋マラソンの大喜びのゴールを思い描いて、一緒によろしくお願いいたします!