スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

故障と付き合いながら挑んだ「別府大分毎日マラソン」

結果は、2時間35分56秒でした! 新型コロナウイルス感染症の拡大の影響で、直前で大会規模が縮小され、クラブの仲間もスタッフも出場することができなくなりました。私は参加資格の期間延長(過去4年まで拡大)の影響で何とか出場することができました。 ただ、2021年10月に右のふくらはぎの肉離れを起こし、2021年11月の世田谷246ハーフマラソンの13km付近で再発。そこから2か月間は、ジョギングしかできない状態でした。 今回の別府大分毎日マラソンでは、レース中に様々な判断をしながら、無事にゴールをすることができたことが何より嬉しいです。2時間30分を切ることはできませんでしたが、長期故障でジョギングしかできない状態でも、ここまでまとめることが出来たことは良い学びになりました。 □ 筋力不足が露呈した5km とにかく最初の5kmがきつかったです。17分24秒と向かい風の中で、設定よりも10秒ほど速い展開です。ただ、2つの理由で、ここに乗ることにしました。 1つは、後ろに2時間30分の集団が無かったこと、もう1つは、別府は5~10kmで集団のペースが落ちる傾向にあることです。 早々に筋力不足による不安な感覚が足に出てきましたが、次の5kmが17分48秒と予想通りに落ちてきたので何とか乗り切りました。給水は、今回は少なめでギリギリの勝負(終盤に体を軽くする)にしようと思っていましたので、10km過ぎに初給水を取ることにしました。 □ 追い風でペースが上がった10~20km 遅れを取り戻すかのように集団が活性化してきます。明らかにペースが上がり、15kmまでの5kmが17分13秒まで上がります。この先も全くペースが衰える感じはなく、集団の後方で離れるタイミングの判断に迷いながら進みます。 同じく迷っている知り合いのランナーと話をしながら、18km辺りから徐々に離れ始めます。集団の力を借りずとも追い風は走ることができます。 ただ、一気に落とさずにリラックスして、ピッチを再び意識してダメージを軽減させます。この5kmは17分14秒。中間地点は、1時間13分33秒と速すぎます。 東京パラリンピック 銅メダリストの堀越選手と共にレースを進める □ ガクっと落ちた27km 20~25kmを17分31秒でカバーし、まだまだスタミナは大丈夫そうです。エネルギーゼリーも入れ、必要量の水分も摂

最新の投稿

年末から走り込み継続中!

陸上競技場でのトレーニングはフォームが整う

雨上がりの練習会

びわ湖毎日マラソンの振り返り

メルマガ購読・解除
 


マラソン完走クラブ イベントカレンダーhttps://moshicom.com/user/33369/