トレーニングを点から線へ。効率的な強化のためには、栄養と休養は必須!!
アミノバイタル史上、最高のリカバー「アミノバイタル GOLD」

調整トレーニング

調整トレーニングのポイントは、調子を上げることであり、安心することではありません。調子を上げるには、適度な刺激のトレーニングと休養の組み合わせです。

適度な刺激のトレーニングは、言葉の通りに”適度”であり、強化するような強いトレーニングではありません。調整トレーニングで「速く走って安心しよう」というのは、調子を上げるのではなく、調子を使うことになります。私が好きな言葉は『調子をためる』です。調子は”上げる、下がる”ではなく、”ためる、使う”だと思っています。

休養も大切になります。本番のレースが近づくと、もう少し走っておこうかと思うこともあります。ちょっと疲れていると感じたら、そこは休養を選択していきます。数キロ、ゆったり動かして、ストレッチをして動きづくりで整えるという休養寄りのトレーニングでも良いと思います。

この適度な刺激のトレーニングと休養の組み合わせができていると、筋力も維持できます。良い動きも維持できます。そして、調子がたまります。
あと少しの期間で、調子をためにためていただきたいと思います!

最後に。
疲れているときは、特に柔らかい地面で走ることもおすすめです。
写真のような場所であれば、コース上よりも芝生部分がおすすめです。