トレーニングを点から線へ。効率的な強化のためには、栄養と休養は必須!!
アミノバイタル史上、最高のリカバー「アミノバイタル GOLD」

年明けのマラソンでの成功には、12月の出足が重要

タイトルの通り、 年明けのマラソンでの成功には、12月の出足が重要です。

◆秋マラソンに出場せずに、年明けに勝負レースがあるという方
現状通りに、スピードトレーニングとスタミナトレーニングのバランスを取りながら、継続していけば成功確率は着実に高まります。

◆秋マラソンに出場し、再び年明けに勝負レースがある方
12月の出足は「補強重視」というのが結論です。

秋マラソン→年明け勝負レースという流れの方は多く、マラソン完走クラブの6割以上の方がこちらに該当します。スタッフ陣もこちらのパターンです。
(例えば、12月1週目の福岡国際マラソン→2月1週目の別府大分毎日マラソン)


12月上旬は、心身ともにリフレッシュする時期ですが、リフレッシュしながらも筋力の維持は必要です。秋マラソンと年明けのマラソンの間にある〝最も重要な山場”は、『年末年始&1月3連休』です。つまりは、年末年始時点では、十分にトレーニングできる心身の状態である必要があります。

そこで役立つのが補強です。
リフレッシュ期間は、ランニングの頻度や距離や時間は気にせず、気ままに楽しく過ごす。血流をより良くする程度に少し体を動かし、体から疲労を取り除いていきます。
しかし、当然ながら筋力低下が起こります。それを短時間で防ぐことができるのが補強です。

1日1箇所のローテーションで十分です。
腹筋の日、腕立て伏せの日、背筋の日、ランジの日、懸垂の日、全体補強の日、お休みの日というようにプログラムを組みます。

よいリフレッシュをしながらも、筋力を維持して、年末年始に向かっていきたいと思います!