トレーニングを点から線へ。効率的な強化のためには、栄養と休養は必須!!
アミノバイタル史上、最高のリカバー「アミノバイタル GOLD」

次のマラソンはもうスタートしている


目標とするマラソンが終わった瞬間、ホッとすると同時に、次のマラソンがスタートしているといつも感じています。
ゴール後に、仲間と共に急いで着替えて、温泉施設に向かいます。そこで交代浴を行い、少しでもダメージからの回復を早めようと取り組んでいます。
そして、食事もバランス良く、使った分はしっかりと食べることを意識しています。

メールマガジンでレース前日の昼食からのルーティーン(同じレストラン・食事内容・量、時間)をご紹介しましたが、マラソンの後のルーティーンもこのように決めています。
決めているため、達成感いっぱいでも残念な気持ちがいっぱいでも、とても疲れていても迷わずに行うことができます。

数日経過して、「さぁ、そろそろ頑張るか!」と思った時に疲労感が少なく、すぐに気持ちに反応したトレーニングが可能になります。

レース直後から次のマラソンでの成功率の変動は始まっています。
今回は私は残念な結果でした。残念だったと思うだけでは前に進みません。
今月は先月以上にみなさんと一緒に走りたいと思います!

2017年12月16日(土)駒沢公園給水給食ラン
https://moshicom.com/13164/

2017年12月23日(土)駒沢公園40km走
https://moshicom.com/13165/