スピードトレーニングをせずに、サブ4を達成することの大変さ

マラソン4時間切りを目標に掲げるランナーの大半は、スピードトレーニングを実施していないというデータがあります。

マラソンを3時間30~59分で走るランナーになると、スピードトレーニングの実施率が上がります。

3時間00~29分となると更に実施率は上がり、3時間を切るランナーでスピードスピードトレーニングを実施していないランナーは少数になります。

□ スピードトレーニングは、速いランナーが行うものなのか

上記のようなデータの受け取り方には、2通りあります。

「やっぱりスピードトレーニングは、速いランナーがやるものなんだ。まだ私には早い。サブ4をしてから、スピードトレーニングに取り組もう」

「そうか、スピードトレーニングをやることで、ひとつ上の走力が身に付くんだ。サブ4を達成するために、今からスピードトレーニングに取り組もう」


□ スピードトレーニングは、走力アップの近道

スピードトレーニングを行わずに、サブ4を達成することは可能です。しかし、それは身体能力が元々高かったり、他のトレーニングを粘り強く地道に行う強さがあるなど、全員には当てはまりません。

スピードトレーニングを行わないという制約、困難さを敢えて自らに課す必要はありません。
スタミナトレーニングのみではなく、スピードトレーニングもバランス良く織り混ぜることが、サブ4への最短距離であり、近道です。

□ スピードトレーニングの内容を考える

闇雲にスピードトレーニングを行っても効率が悪いです。
「折角、近道を通っているにも関わらず、なかなか近道を駆け抜けることができない」ということにならないように、スピードトレーニングの内容を考えます。

・強度を変化させる
毎回全力で走る必要はありません。
短いダッシュを気持ち良く数本といった低強度、気持ちを入れて一生懸命だけど少し余裕を残した中強度、そして、競い合いしっかり出し切る挑戦的な高強度を織り混ぜます。

・「同一内容のトレーニング」と「二度と行わないようなトレーニング」を織り混ぜる

「同一内容のトレーニング」
例えば400mを8本を1~2ヶ月に1回行うことで、スピードトレーニングに加えて、自分の力の把握ができます。また慣れた距離と本数で力を出し切り、良い追い込みができるメリットがあります。

「二度と行わないようなトレーニング」
例えば、600m+800m+200m×3+1000mのようなトレーニングです。1000mの時に、適度に体力が残っている、でも残しすぎないように、自分の力を感じながら走ることが、本番のレースに生きてきます。

良い組み合わせ、内容のスピードトレーニングを実施していただき、効率的に目標を達成していただきたいと思います。
強度の高いスピードトレーニングをやりたくなりましたら、練習会にお越しください!
いつでもお待ちしております。
マラソン完走クラブメルマガ
 
◇ 登録できない場合、sub-161753@mc.melma.comまで空メールをお送りください

マラソン完走クラブ イベントカレンダーhttps://moshicom.com/user/33369/