小説「伴走者」には、視覚障がいマラソンの現実がある

『自分ではなく他人のために、勝利を目指す。熱くてひたむきな戦いを描く、新しいスポーツ小説!』二人が協力して頑張るという“いい話”を想像し、「読まずとも何となく想像できるから読まない」。そう考える方が多くなると想像します。

◇ 競技伴走は勝つことが全て
伴走経験があり、この小説を読んだ方は、「創作がひどい、そんなことがある訳がない」と思うかもしれません。しかし、パラリンピックでは、心から勝ちたいと思い、何が何でも勝つんだ、勝つことが全てという気持ちで選手も伴走者もレースに臨んでいます。この小説は、あくまでもフィクションですが、ひとつひとつが真実です。

著者の浅生鴨さんは、フィクションといいつつも綿密な取材を行っており、その結果、小説には視覚障がいマラソンの現実、真実があらゆるところにまぶされています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
伴走者 [ 浅生 鴨 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/10/15時点)



◇表紙の本気度
伴走ロープを掴む2人の手。年の瀬の大変寒い中、わざわざ合宿地までお越しいただき、撮影して頂きました。しかも、1~2名ではなく、5名程度でお越しいただき、撮影場所となるグラウンドまで抑えて頂き、万全の体制でした。
多くのスタッフが協力し、そして、万全の体制で臨むというのは、伴走競技に通ずるものを感じました。
マラソン完走クラブメルマガ
 
◇ 登録できない場合、sub-161753@mc.melma.comまで空メールをお送りください

マラソン完走クラブ イベントカレンダーhttps://moshicom.com/user/33369/